スポーツ用品情報

  激安バスケットシューズ/格安バスケットシューズ


野球用品
バット
グローブ
スパイク
サッカー用品
シューズ
ボール
ウェアー
フットサル用品
シューズ
ボール
ウェアー
テニス用品
ラケット
シューズ
ウェアー
バスケット用品
シューズ
ボール
ユニフォーム
ラグビー用品
シューズ
ボール
ウェアー
サイクリング用品
シティ用自転車
サイクリング車
マウンテンバイク
ウェアー
シューズ
 
スキー・スノボー用品
スキーウェア
スキー板
スキー用ブーツ
スノーボード
スノボー用ブーツ
 
ウォーキングシューズ
 
ジョギングシューズ

激安バスケットシューズ/格安バスケットシューズ




スポーツ用のシューズには、それぞれの種目に合ったデザインや機能が備わっていますが、バスケットシューズを選ぶときにも、いくつかのポイントがあります。

バスケットボールは、運動量も多く、動きの早いスポーツですから、激安・格安のバスケットシューズでも、しっかりとしたものを選びたいものです。

まず、自分の足に合っていることが一番ですが、バスケットシューズにも幅広やアーチ状のものなど、様々な形状のものがあるので、必ず両足で履いてみて、自分の足にフィットしているかどうか確かめることが大切です。

そして、「足の甲とかかと部分がしっかりとフィットしていること」、「つま先部分に余裕がある」などのことをチェックして、少しプレーの感じをイメージして動いてみたりして、自分の足に合っているかを確かめます。

特に、バスケットボールではダッシュすることが多いので、つま先部分のゆとりは必ずチェックしてください。
動く時には足のつま先に力を入れて踏み込んだりするので、いくら激安・格安のバスケットシューズだからといっても、足にピッタリとしすぎたものは運動しにくく、足を痛めることになってしまいます。

大体1cm程度のゆとりがあれば、足の指を自由に動かすことが出来るので、コートを蹴ってダッシュすることも楽に出来ます。

つま先にゆとりがないバスケットシューズだと、怪我をしたりすることになりかねないので、必ず適度なゆとりがあることをチェックするようにしてください。

それと、シューズ自体の軟らかさもチェックするようにします。
軟らかすぎると足の保護が充分出来ませんし、硬すぎても自由に動くことが出来ません。

そして、クッションの感じも確かめるようにします。
適度なクッションが合って、衝撃を吸収してくれるようなシューズを選べば、激安・格安のバスケットシューズでも大丈夫です。

薄いものはコートとのフィット感はありますが、その分ダッシュ時などの衝撃も大きいので、クッションがよく、厚めの靴底の方が、長い時間練習などをしても疲れが少なくなります。

また、バスケットシューズはハイカットになっているものが多いですが、これは捻挫を防ぐ為のものなので、激安・格安のバスケットシューズでも、このタイプのものが良いように思います。

それと、バスケットシューズに限らず、靴は夕方や練習が終わった後に選ぶようにします。これは、朝と夕方では足の大きさが違うためです。

以上が激安・格安のバスケットシューズを選ぶときのポイントですが、後は、好みに合ったデザインや色などで選べばいいと思います。