スポーツ用品情報

  激安スノーボード/格安スノーボード


野球用品
バット
グローブ
スパイク
サッカー用品
シューズ
ボール
ウェアー
フットサル用品
シューズ
ボール
ウェアー
テニス用品
ラケット
シューズ
ウェアー
バスケット用品
シューズ
ボール
ユニフォーム
ラグビー用品
シューズ
ボール
ウェアー
サイクリング用品
シティ用自転車
サイクリング車
マウンテンバイク
ウェアー
シューズ
 
スキー・スノボー用品
スキーウェア
スキー板
スキー用ブーツ
スノーボード
スノボー用ブーツ
 
ウォーキングシューズ
 
ジョギングシューズ

激安スノーボード/格安スノーボード




スノーボードを選ぶときのポイントは、やはり扱いやすいということがいちばんで、激安・格安のスノーボードでも、自分が扱いやすいものなら大丈夫です。

では、どんなスノーボードが扱いやすいかというと、まずボードの長さを確認します。
一般的には「自分の身長 − 10〜15cm」程のものが扱いやすいといわれています。
つまり、身長170cmの人なら、スノーボードの長さは155〜160cm程度のものがよいということです。
もちろん体重や好みなどによって違いはありますが、激安・格安のスノーボードでも大体この長さを目安にしていれば大丈夫です。

最近は短めのスノーボードが好まれているようですが、これは長めのものよりも扱いやすく、ターンなどがしやすいからです。
初心者の方などは短めのものを選ぶ方が良いかもしれませんが、長めのスノーボードはスピードを出した時には安定しやすく、跳ねる時のパワーが大きいなど、それなりの利点があるので、その辺りもポイントにして選ぶようにしてみてください。

また、あまり重いものも扱いにくいので、激安・格安のスノーボードでも自分が扱いやすい重さのものを選ぶようにしてみてください。

次のポイントがスノーボードの幅です。
スノーボードは先頭からノーズ幅、ウエスト幅、テール幅とサイズが異なっていますが、ノーズ幅が広いと、深い雪を滑るときに便利です。
しかし、全体の幅が広いと安定はしますが、ターンの切り替えが難しくなるので、始めの頃は広い幅のものは避けた方が良いかもしれません。

そして、注意しなければならないのが、足のサイズです。
いくら激安・格安のスノーボードでも、自分の足に合ったものでないと、滑っている時に思わぬ怪我をしかねません。
特に、ブーツがスノーボードからはみ出るようなものは避けるべきで、自分の足の幅に合ったものを選ぶようにします。
ふつうは「自分の足の幅 − 1cm」が、適したスノーボードの幅だといわれているので、これを目安に選ぶようにしてみてください。

もうひとつのポイントが、スノーボードの板の硬さですが、これは激安・格安スノーボードを選ぶときにもポイントとなります。

スノーボードの硬さには、板のしなりやすさ(フレックス)とねじれやすさ(トーション)とがありますが、これからスノーボードを始めようという方には柔らかめのフレックスのボードをお勧めします。
硬いものだと、馴れないうちはターンするときなど、なかなか曲がってくれません。

しかし、柔らかいフレックスは扱いやすいのですが、速いスピード滑っているときなどは、安定性が悪くなります。
硬いフレックスのボードなら安定性は高くなり、高く飛ぶときなどには効果的ですので、これも参考にしてみてください。

以上のようなことをポイントにして、自分に合ったスノーボードを選ぶようにすれば、激安・格安スノーボードでも大丈夫です。
後は好みのデザインや色などで選ぶことになると思いますが、ワンシーズン古いデザインのものなら、かなり激安・格安のスノーボードがあるので、激安・格安のスノーボードを選ぶなら、この辺りもポイントなると思います。