スポーツ用品情報

  激安テニスシューズ/格安テニスシューズ


野球用品
バット
グローブ
スパイク
サッカー用品
シューズ
ボール
ウェアー
フットサル用品
シューズ
ボール
ウェアー
テニス用品
ラケット
シューズ
ウェアー
バスケット用品
シューズ
ボール
ユニフォーム
ラグビー用品
シューズ
ボール
ウェアー
サイクリング用品
シティ用自転車
サイクリング車
マウンテンバイク
ウェアー
シューズ
 
スキー・スノボー用品
スキーウェア
スキー板
スキー用ブーツ
スノーボード
スノボー用ブーツ
 
ウォーキングシューズ
 
ジョギングシューズ

激安テニスシューズ/格安テニスシューズ




テニスを楽しむ上で、テニスシューズはテニスラケットと共に大切なアイテムです。

テニスシューズにはデザインや色もたくさんありますが、激安・格安のテニスシューズでも、自分の足に合った、履きやすいものを選ぶことが一番大切です。

しかし、テニスシューズを選ぶ時のポイントは、軽くて、クッション性の良いものを選ぶことも大切です。

テニスボールをとらえたり打ったりする時の衝撃はかなりのものなので、クッションがよくて衝撃を吸収してくれるようなテニスシューズでないと、膝や足首を傷めてしまいます。

また、試合など長い時間テニスをしていると、重たいテニスシューズではやはり疲れが出てきます。

ですから、激安・格安のテニスシューズでも必ず軽くてクッションの良いものを選ぶようにすることをお勧めします。
もちろん高価なものはそれなりに衝撃を吸収する性能も良いのですが、激安・格安のテニスシューズでも、かなりいいものがあるので、是非このことはチェックするようにしてください。

後は、実際にはいてみて (必ず両足で)、少し動くなりしてフィット感を確かめます。
特に、つま先部分は足の指が自由に動くかどうか確認することが大切です。
走ったりボールを打ったりする時はつま先で地面をとらえるので、指先部分がきついと思うように動けませんし、足を痛めてしまうことにもなってしまいます。
大体1cm程度のゆとりをつま先部分に持たせるようにしてみてください。

これらの条件がOKなら、激安・格安のテニスシューズでも特に問題はありません。
しかし、自分がよく使うテニスコートの状態をチェックしてシューズ選びすることも大切です。

テニスコートには「ハードコート (コンクリートのような硬いコート)」、「クレーコート (土のコート)」、「オムニコート (人工芝に砂をまいたコート)」、そして「室内コート」などがありますが、コートの表面 (サーフェイス) によってもテニスシューズの選び方も変わってきます。

例えば、ハードコートでのプレーは滑りにくい反面、足にかかる負担が大きく、クレーコートなどは、足にかかる負担は少ないのですが、滑りやすいという特性があります。

出来れば、自分がいつもプレーするコートに合わせて、テニスコートを選ぶようにすればいいのですが、「取りあえず一足」という場合などは、オールラウンド用という、ソールの厚みや溝のパターンが、マルチ的なものがあるので、このようなテニスシューズを選ぶようにすればいいと思います。

また、オールラウンドのテニスシューズも激安・格安価格のものが結構出ていますが、オムニコート用のものもいろんなコートに対応できると思います。

それと、足の大きさは、朝と夕方では違ってくるので、テニスシューズを選ぶときも、必ず夕方や練習の後などに見てみるようにします。

後は、好みのデザインや色などをポイントにして、お気に入りのテニスシューズを激安・格安で探してみてください。