スポーツ用品情報

  激安ウォーキングシューズ/格安ウォーキングシューズ


野球用品
バット
グローブ
スパイク
サッカー用品
シューズ
ボール
ウェアー
フットサル用品
シューズ
ボール
ウェアー
テニス用品
ラケット
シューズ
ウェアー
バスケット用品
シューズ
ボール
ユニフォーム
ラグビー用品
シューズ
ボール
ウェアー
サイクリング用品
シティ用自転車
サイクリング車
マウンテンバイク
ウェアー
シューズ
 
スキー・スノボー用品
スキーウェア
スキー板
スキー用ブーツ
スノーボード
スノボー用ブーツ
 
ウォーキングシューズ
 
ジョギングシューズ

激安ウォーキングシューズ/格安ウォーキングシューズ




最近はジョギングとともにウォーキングを楽しんでいる人を多く見かけるようになりましたが、どちらもシューズ選びは大切なポイントです。
いずれも自分の足に合っていることが一番大切ですが、ジョギングシューズとウォーキングシューズとでは選ぶときのポイントが違ってきます。

もちろんどのスポーツにもそれぞれに特徴があるように、ジョギングとウォーキングとでも随分と違いがあります。
まさかサッカーシューズでウォーキングをする人はいないと思いますが、普段にはいているスニーカーなどでウォーキングをしている人を見かけますが、やはり目的が違うので、激安・格安のウォーキングシューズで構わないので、ぜひウォーキング専用のシューズを揃えたいところです。

では、激安・格安のウォーキングシューズを選ぶときのポイントですが、まずウォーキングをしているときに足にかかる負担を考えてみると、ジョギングでは自分体重の三倍程の重さがかかってきますが、ウォーキングでは体重の1.2〜1.5倍程度だといわれています。

ですから、激安・格安のウォーキングシューズを選ぶときでも、ソール部分のクッション性を確かめてみることにします。
あまりクッションが良いとかかと部分が高くなって、かえって運動しにくくなります。
ウォーキングシューズの場合は固すぎず柔らかすぎずといったものを選ぶようにして、履いた時のフィット感などを確かめるようにします。

もちろんかかと部分をしっかりとサポートしていて、安定した着地が出来るようなものを選ぶようにします。

また、あまり軽いウォーキングシューズよりも、ある程度の重さがあるものの方が、自然と歩幅が伸びるので、シューズの重さもチェックするようにしてください。

それと、自分の足に合っているからといっても、ピッタリとしたものは避けるようにします。
ウォーキングでは踏み込んだときに足の指で踏ん張ることが必要ですから、つま先には少しゆとりがあるものを選ぶようにします。

それに、激安・格安のウォーキングシューズでも、踏み返し部分が柔らかいものを探すようにします。
着地したあとにしっかりと踏み出していけるように、ウォーキングシューズは前から三分の一ぐらいのところが適度に曲がるものを選ぶようにすれば、踏み出した時の動きも負担なくスムーズに行うことができます。

あとは履いた時のフィット感を確かめて、少し屈伸運動をしてみたり、軽く店内を歩いてみたりして自分の足に合っているかを確かめます。
もちろんこの時は両足ともしっかりとはいて、シューズの紐もしっかりと締めるようにします。

もし小さいとか大きいとかを感じたら、サイズの違うものを履いてみます。
また、違うメーカーのものも試すようにしてみてください。
サイズが同じでもメーカーが違えば造りが違ってくるので、履いた時の感じも違ってきます。

ウォーキングを楽しむには何よりもシューズが大切なので、デザインや色などで決めるのではなく、激安・格安のウォーキングシューズでも、フィット感があって自分の足をよくサポートしてくれるものを選ぶようにしてみてください。